私が風俗嬢になったわけ

風俗嬢になったきかっけは単純です。ただ単にお金がなく、コンビニや派遣会社で地道に働くより自分の身を削ってより多くのお金が稼げればと思いなりました。

家族や友人には、真実を告げることができず誰にも言わず黙って働き続けていました。
最初は、お客さんと話してお金をもらえればいいと思っていましたがだんだん指名をもらって自分のお客さんをつくってもっとお金がほしいと思い始めました。

だんだんと物欲や欲求が増え働いている恥ずかしさも最初だけで、風俗嬢にどっぷりはまっていく毎日です。指名してもらえるために経済について勉強もしました。

なぜなら、風俗嬢に来るお客さんは様々ですが指名をするほどのお客さんはそれなりのお金持ちで、社長などをやっている人ばかりでした。
だから、経済の話や気の利いた発言ができる子のほうがお客さんとの話もはずみ、また会いたいと思って指名してくれるからです。
また、次指名してもらえるようにお客さんの特徴やどのような話題が好きかもあらかじめネットや新聞あらゆる情報を使って学び次のときに生かします。

model-1525629_640

指名されるまでは、かなりの時間がかかりますが努力とタイミングが良ければたくさん稼ぐことも夢ではありません。どうしてここまで稼ぐことに執着してしまったかというと大学を卒業して就職が見つからないまま、周りの友人はしっかり就職し着実に稼いでいるのを見て悔しくなってしまったと思います。残念ながら本当の自分を隠し続けたまま生活するのは嫌ですが今の生活を辞めることはできません。